メニュー

スタッフブログ - みなとハウジング たつの市・姫路市・相生市・太子町 新築建売専門

  • 0120-798-277

    〒679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本12-7

  • イベント情報
  • 物件を探す
  • 0120-798-277

    〒679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本12-7

  • イベント情報

スタッフブログ

姫路市の方へローコスト住宅の見学の流れについて紹介します

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年09月10日(木)

ローコスト住宅の購入を検討している方で、内覧見学について詳しく知りたいという方はいらっしゃいませんか。ローコスト住宅の購入を検討している方で、内覧見学について詳しく知りたいという方はいらっしゃいませんか。内覧見学で細かい部分までチェックできていないと購入してから不満が生じてしまいます。そこで今回は、ローコスト住宅の見学の流れについて解説します。

 

□見学会参加までのチェックポイントとは?

 

はじめに、見学会の参加までに確認しておくべきポイントをご紹介します。何も準備せずに見学会に参加するよりもご自身で確認事項を設けておくことで、より質の高い見学会になるでしょう。見学会に参加する上での基本的な持ち物は、スリッパ、筆記用具、メジャー、カメラ、懐中電灯、チェックリストです。
チェックリストの内容は、できるだけ具体的なものにしておくと確認しやすいです。例えば、子供部屋はどれくらいの広さが欲しい、収納の多い書斎が欲しいと言ったことが挙げられるでしょう。また、実際に見学する家と理想が異なっている場合でも、理想を記したチェックリストを持っておくと良し悪しを冷静に判断できます。

 

□内覧会でのチェックポイントとは?

 

続いて、内覧会当日のチェックポイントをご紹介します。

 

*家の構造に関する確認事項

 

まずは、家の構造に関するものです。家の内部はリノベーションを行えば変更できますが、家の構造は簡単には変えられませんよね。地盤は、家が建てられる前にその土地が何に使われていたかということや、どのような工事をしたかということです。家の基礎である地盤は、家本体より重要と言っても過言ではありません。基礎にひび割れがないかやつなぎ目は正常かを確認しておくと良いでしょう。床下まで念入りに確認することをおすすめします。

 

*家の内部について

 

続いて、家の内部についてのポイントをご紹介します。家の内部は誰しも確認することだと思いますが、見落としがちな部分として動線を意識した間取りがあります。内覧で設備ばかり気にしていると、実際に生活するタイミングで不便に感じてしまうことがあるかもしれません。
水回りの近さや、キッチンの大きさは必ず確認するようにしましょう。また、書斎がある家の場合は書斎からリビングまでの近さを確認しておくことをおすすめします。生活音がうるさくて作業に集中できないのであれば書斎の意味がありませんよね。

 

*周辺環境について

 

周辺環境にも注意が必要です。例えば、スーパーまでの距離がどの程度かで過ごしやすさは変わってきますよね。さらに駅近であっても、立地によっては遠回りする必要がある家もあります。また、時間帯ごとに周辺がどうなっているかを念入りに確認しておきましょう。

 

□まとめ

 

今回は、ローコスト住宅をお探しの方に向けて、見学会でのチェックポイントを解説しました。見学会に参加する際は、ぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

デザイン住宅のポイントと選び方とは?姫路市の方へ解説します!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年09月06日(日)

住宅を購入するなら、できるだけおしゃれな家にしたいですよね。住宅を購入するなら、できるだけおしゃれな家にしたいですよね。そのような要望に応えられる家がデザイン住宅です。しかし、デザイン住宅について詳しい方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、姫路市の専門家がデザイン住宅のポイントと選び方について解説します。

 

□デザイン住宅とは?

 

そもそもデザイン住宅とは、どのような住宅を指しているのでしょうか。デザイン住宅は、家そのものだけでなく外観やインテリア、家の空間設計まで全てに一貫性を持たせたデザインで設計された住宅のことです。デザイナーズマンションもデザイン住宅の1つだと言えるでしょう。
デザイン住宅を選択するメリットは、ご自身の希望にマッチした家になりやすいことです。オリジナリティが豊かで、しかもデザインテイストが多種多様な家の選択が可能です。「デザインだけにこだわって実際に生活してみると暮らしにくいのでは。」とお思いになる方もいらっしゃるでしょう。しかし最近では、デザインだけでなく生活のしやすさまで徹底的に考えられたデザイン住宅が増えてきています。

 

□デザイン住宅を見るポイントを紹介

 

続いて、デザイン住宅を選ぶ際のポイントを紹介します。
1つ目のポイントは、本当に自分の生活スタイルに適した家になっているかどうかを確認することです。デザイン住宅はおしゃれなものが多いため、見学に行くと思わず即決したくなるかもしれません。しかし、おしゃれだからという理由で購入を即決するのはオススメできません。住宅で過ごしていく上でライフスタイルと家が適しているかは非常に大切なポイントです。例えば、家族の人数が多く朝が忙しいのにトイレの数が足りないと不便ですよね。
2つ目は、空間の形です。これも生活のしやすさに関連するものですが、坪数が多くても形が特殊だと利用できないスペースになってしまいます。そのような空間を含めてデザインが気に入っている場合は別として、できるだけ無駄なスペースを減らしたいと考えている方は、空間の形にも気を配っておきましょう。
3つ目は、自分好みのデザインを選ぶということです。せっかくデザイン住宅を選択するのであれば、できるだけ自分好みのデザインにすることをオススメします。予算に余裕がある場合は、少し高くても自分の好みのデザインを選ぶ方が幸福感が高まるのではないでしょうか。

 

□まとめ

 

今回は、デザイン住宅のポイントと選び方について解説しました。デザイン住宅は最近人気が増してきている住宅です。住宅の購入を検討している方はぜひデザイン住宅についても考えてみてください。

姫路市でデザイン住宅をお考えの方へ!購入後のメンテナンスを解説します!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年09月02日(水)

おしゃれなデザイン住宅を購入してもすぐにボロボロの景観になってしまっては、おしゃれにした意味がありませんよね。おしゃれなデザイン住宅を購入してもすぐにボロボロの景観になってしまっては、おしゃれにした意味がありませんよね。家の外観や構造自体を保護していくためにもメンテナンスは欠かせません。そこで今回は、デザイン住宅をお考えの方に向けて購入後のメンテナンスについて解説します。

 

□建売住宅の寿命とメンテナンスの関係とは

 

そもそも建売住宅の寿命はどれくらいかご存知でしょうか。一般的な住宅の場合は、20年から30年程度であると言われています。木造住宅と鉄筋コンクリート造では寿命が異なり、木造の場合20年前後、鉄筋コンクリートだとおよそ45年になります。
しかし、最近では築30年を超えているのにまだ寿命まで余裕がある家が多くあります。技術が発展すれば、ますます家の寿命は伸びていくでしょう。
ここで大切なのがメンテナンスです。いくら良い材料で良い施工が行われても、全くメンテナンスをしないとすぐに寿命がきてしまいます。40年を超えるような家にするためにはメンテナンスが欠かせません。一言でメンテナンスといっても自分で毎日チェックすることと、業者による定期的なメンテナンスの双方が不可欠です。

 

□時期によって異なるメンテナンスを紹介

 

続いて時期別のメンテナンスについて解説します。
家は常に風雨や日光にさらされているため、気候の影響を大きく受けます。したがって、時期ごとにどのような対処を行えば良いのかを把握しておきましょう。築5年から10年の場合で行うべきメンテナンスに外壁があります。
最近の住宅の多くは、外壁に窯業系サイディングボードが使用されており、この修繕時期が7年から10年前後と言われています。そのため、10年を目安にメンテナンスを行うようにしましょう。
家の内部では、クロスの変色が起こりやすいでしょう。築10年から15年になると様々な部分でメンテナンスが必要になります。給配水管などの設備の更新時期が10年前後です。10年経ってもクロスを修繕していない場合は、かなり汚れてしまっている可能性があります。日頃からのメンテナンスを怠っていなければ修繕のサイクルを減らせるでしょう。
築15年から20年以上になると大規模な修繕が必要になります。業者の方に定期メンテナンス以上の入念な調査を行ってもらい、内装や外観ともに一新すると良いでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、デザイン住宅の購入後のメンテナンスについて解説しました。本記事を通して、デザイン住宅のメンテナンスの重要性を理解していただけたのではないでしょうか。住宅を購入する際は、購入後のメンテナンスについても検討しておきましょう。

姫路市でローコスト住宅をお考えですか?見るポイントを紹介

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年08月29日(土)

ローコスト住宅の購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。ローコスト住宅の購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。デザイン性に優れた住みやすい家だと生活が快適になりますよね。そこで今回は、ローコスト住宅をお考えの方にチェックしていただきたいポイントを姫路市の専門家がご紹介します。

 

□諸費用や追加費用をチェックしましょう

 

注文住宅であればご自身が判断して設備の取捨選択を行えますが、ローコスト住宅はそうはいきません。そのため、設備内に含まれているのが当然だと思っていた設備が標準仕様に含まれていないケースがあります。
例えば、ガレージ部分や外壁などの外回り、設計費が基本料金内に含まれておらず追加費用として後から請求されてしまう場合があります。実際に「ローコスト住宅で安く買えた。」と思っていても、追加で数百万円請求されてしまった事例もあります。
標準仕様にどれだけの設備が含まれているのか、自分が家にどのような設備を求めているのかを把握し追加費用まで確認しておくと良いでしょう。
また、物件を購入する際は住宅本体の購入費用だけではなく別の諸費用がかかることも覚えておいてください。諸費用には、仲介手数料や火災保険加入のプラン、住宅ローンを組む金融機関に支払う費用などがあります。
加えて、生活を行う上では様々な家具が必要ですよね。家具もこだわりたい方にとってはさらなる費用が必要でしょう。諸費用に何が含まれているのかも契約書で確認しておくようにすると良いでしょう。

 

□快適に住むためのチェックポイントとは?

 

続いて、快適に生活するための確認事項をご紹介します。まずは、生活動線を確認するようにしましょう。例えば、洗濯機と洗濯物を干す位置、洗濯物を片付ける位置がバラバラだと移動が大変ですよね。また、朝の忙しい時間帯にスムーズに移動できるように動線を複数用意しておくことも大切でしょう。
加えて、水回りの確認も大切です。キッチンであれば冷蔵庫とシンク、電子レンジなどの距離感が遠すぎないか人が何人すれ違えるかをチェックしておきましょう。また、浴室は洗い場と浴槽がどれだけの広さなのかの確認も大切です。
さらに、家の状態を見ておくことも重要です。例えば、見学に行った際にホコリが積もっていたり、ゴミが散らかっていたりする家は業者が適当な場合があります。

 

□まとめ

 

今回は、ローコスト住宅をお考えの方に見ておくべきポイントをご紹介しました。住宅の購入は人生において、そう何度もあるものではないですよね。後悔しないように本記事でご紹介したポイントを把握していただけると幸いです。

ローコスト住宅の諸費用について姫路市の方へ解説します!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年08月25日(火)

ローコスト住宅を購入する際には、住宅本体の購入費用以外にも様々なお金がかかります。ローコスト住宅を購入する際には、住宅本体の購入費用以外にも様々なお金がかかります。どこにどれくらいのお金がかかるのかがわからなければ予算を立てられませんよね。そこで今回は、ローコスト住宅にかかる諸費用について姫路市の専門家が解説します。

 

□印紙費や税金について

 

まずは、印紙費や税金があげられます。住宅の購入時には税金がかかることをご存知ですか。事前に知っておかないと思わぬ出費になってしまいます。
印紙税とは、不動産の売買契約書に印紙を貼ることで納められる税金です。税金の金額は契約金額によって変わりますが、おおよそ1万円から2万円を想定しておくと良いでしょう。
また、登録免許税と呼ばれる税金もかかります。住宅を購入すると、その土地と建物に購入者の所有権が発生します。その権利を登記登録する際に課せられる税金が登録免許税になります。おおよそ物件価格の1パーセント程度であり、大金になるケースがあるため注意しておくようにしましょう。
購入後には固定資産税と都市計画税がかかります。これは自治体や家の規模によって異なりますが、数万円程度が目安となります。

 

□購入前と購入時にかかる費用を紹介

 

続いて、税金以外にかかる費用について購入前と購入後に分けてご紹介します。購入前には、先ほど紹介した印紙税と手付金がかかります。
手付金とは、物件を購入する申し込みを行う際に発生するお金です。契約を解約するタイミングで解約手付金として手付金がそのまま不動産業者のものとなってしまうため十分注意しましょう。
手付金は、基本的に購入価格の15パーセント前後になります。住宅を購入するタイミングでこの手付金は購入費用にあてられます。
物件購入時には、先ほど紹介した登録免許税のほかに仲介手数料と追加工事費用がかかります。また、保険に加入する場合は火災保険等の費用もかかるでしょう。
ここで注意していただきたいのが追加工事費用です。元々あると思っていた設備がなかったり、別料金が発生するオプションであったりすると追加でお金がかかります。
住宅自体の購入は安く抑えても、追加で多くの設備を導入する必要がある場合はトータルで高額になってしまいますよね。住宅を購入する前に、その住宅にはどのような設備があるのかを念入りに確認しておいてください。

 

□まとめ

 

今回は、住宅の購入にかかる諸費用について解説しました。住宅の購入の際には、本記事でご紹介したような税金や費用がかかることを前提として予算を組むことをおすすめします。

姫路市でローコスト住宅をお考えの方!隣人トラブルについて

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年08月21日(金)

住宅を購入すると新しい土地での暮らしが始まりますよね。住宅を購入すると新しい土地での暮らしが始まりますよね。しかし、いきなりその土地に馴染めるのかと問われるとそうではない方が多いでしょう。はじめにうまくお付き合いできなければ、隣人トラブルに発展する可能性があります。そこで今回は、住宅の購入をお考えの方に向けて隣人関係について解説します。

 

□新築購入者は近所付き合いで困っている

 

新築購入者が困っていることの中で、大きな割合を占めるものに近所付き合いがあります。その土地の風土によっては町内会への参加や行事への参加など、付き合いが多くなって面倒だと感じる方も多いでしょう。
お子様がいらっしゃる場合は、子供の友人関係を壊したくないという理由で学校関連にも気を遣う機会が増えますよね。新しく引っ越した家には満足しているのに、近所付き合いのせいで生活しづらくならないように気を配る必要があるでしょう。
中には、近所付き合いでトラブルが発生してしまい人間関係が悪化した結果、せっかく購入した新築を数年で売却してしまうケースもあるほどです。

 

□トラブルに発生しないためのポイントとは?

 

上記のように近所付き合いで困ることなく過ごしていくためには、何に気をつければ良いのでしょうか。
1つ目のポイントは、トラブルが発生してしまう可能性があるということを踏まえた上で自分のスタンスを決めるというものです。例えば、近所の人の話の聞き役に徹するということが挙げられるでしょう。色々な話を聞くようにしておけば、いざというときに自分の話も聞いてもらえるものです。
2つ目のポイントは、挨拶をきちんと行うということです。元気よく挨拶をされて嫌な気分になる人は少ないですよね。良好な人間関係を構築していく上で挨拶はとても大切な要素です。また、お子様がいらっしゃる場合に、お子様にも挨拶をする習慣を身につけさせておく良い機会にもなるでしょう。
3つ目のポイントは、お互い様の精神で何かあったときに頼れる人を作っておくというものです。極端に仲が良いとまではいかなくても、ほど良い距離感での交流は色々な場面で役に立つでしょう。
もしトラブルが発生してしまった場合には、自分たちだけで解決しようとはせずに自治会などの第三者に相談することをオススメします。

 

□まとめ

 

今回は、住宅を購入した際のご近所付き合いについて解説しました。良好な近所付き合いが行えれば生活はより快適になるものです。トラブルを回避するためにも本記事を参考にしていただけると幸いです。

三木市でデザイン住宅をお考えの方へ!内装の種類について解説!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年08月18日(火)

デザイン住宅を購入するなら、内装はオシャレにしたいですよね。
しかし、内装はとてもたくさんの種類があり自分で調べるのは大変です。
そこで今回は、トレンドの内装パターンと内装を決める際のポイントについてご紹介します。

 

□オシャレな内装パターン

オシャレな内装パターンを見ていきましょう。

1つ目は、シンプルモダンです。
モダンスタイルは壁や天井を白色で統一して、家具やインテリアに黒を入れていくスタイルです。
白と黒の二色で構成されているため、引き締まった印象を演出できます。

黒以外のアクセントカラーとして、オレンジを取り入れても良いでしょう。
オレンジ色の様に明るめの色をアクセントカラーにすると、カジュアルな印象に変えられます。

2つ目は北欧風モダンです。
北欧風モダンは全体的に淡い色で統一された、オシャレなカフェの様なスタイルです。
緑のソファや赤色のファブリックアイテムなど、アクセントカラーを配置すれば、楽しい雰囲気にできるでしょう。

3つ目は、和風モダンです。
和風モダンは白い壁紙と床板にスギが使用されます。
畳や掘りコタツを設置することで日本ならではのスタイルを楽しめるでしょう。

 

□内装はフローリングと壁紙が重要

内装を決める際には3つのポイントに注目しましょう。
それぞれ順に解説していきます。

1つ目のポイントは、フローリングです。
フローリングは見た目だけでなく、直接歩く場所ですので触感にも注意しながら選びましょう。
フローリングは、白色、黒色、ナチュラル色の3つに分けられます。
ナチュラル色はどの様な部屋であっても、自然に馴染むため人気のスタイルです。
部屋の汚れも目立たないため、迷った場合はこちらを選択すると良いでしょう。

白色や黒色はインテリアと合わせながら見ていきましょう。
白いフローリングは洋風の家に、黒いフローリングはモダンや和風の家に合います。

2つ目のポイントは、壁紙です。
壁紙を決める際には、ベースカラーとアクセントカラーを決めましょう。
ベースカラーは基本的に、白色や薄めの色を選択し、アクセントを入れたい場所に違う色合いを入れましょう。

ここで注意が必要となるのが、色の数です。
壁紙は複数の色を入れすぎると、ごちゃごちゃした印象になります。
家具を合わせることも考えながら、シンプルな内装を意識しましょう。

3つ目のポイントは、建具です。
具体的には、ドアや引き戸のことを指します。
一般的な住宅であれば、扉は天井まであるハイドアがおすすめです。
ハイドアにすると、天井と扉の間にある枠線が消せるためオシャレな壁にできるでしょう。

一方で、洋風の建物はこの枠線を多く用いることで、建具を活かしています。
どの様な住宅にするのか、コンセプトを統一して建具を決めると良いでしょう。

 

□まとめ

今回はトレンドの内装パターンと内装を決める際のポイントについてご紹介しました。
内装はこだわりすぎるとごちゃごちゃした印象になることがあります。
シンプルさを意識しながら、オシャレを楽しむと良いですね。

三木市でローコスト住宅を検討中?モダンスタイルのコツを紹介

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年08月14日(金)

モダンスタイルとはどのようなものなのでしょうか。
ローコスト住宅を購入して、オシャレな家具を揃えようと考えている方は多いと思います。
そこで今回は、近年人気のモダンスタイルを取り入れるコツについてご紹介します。

 

□モダンスタイルとはその名の通り現代的で新しい感覚のスタイルである

モダンスタイルとはその名の通り、現代風の新しい住宅様式です。
シンプルでシャープなデザインの物や一風変わったフォルムの家具など、近年ではさまざまな種類の住宅様式が登場してきています。
こうしたモダンスタイルは、住宅に少し取り入れるだけで家をおしゃれにできます。

この記事を参考に、流行りのスタイルをキャッチし、住宅作りに取り入れてみましょう。

 

□モダンスタイルのコツを3つ紹介

具体的にモダンスタイルのコツについて見ていきましょう。
モダンな住宅を作るには3つのポイントがあります。
それぞれについて見ていきましょう。

ポイント1つ目は、モノトーンです。
部屋の印象は、使用する色によって大きく左右されます。
モダンスタイルを取り入れたい場合は、モノトーン基調にすると良いでしょう。

モノトーンとは、白や黒など色味がない色彩のことです。
モダンスタイルでは、メインカラーを白色、指し色に黒を使用することが多いです。

部屋の印象を変えたいときには、この黒と白のバランスを変えてみましょう。
黒を多めにすると、重厚感がある印象を与えます。
一方で、白を多くすると軽快で明るい印象にできるでしょう。

ポイント2つ目は、直線です。
色を決めた後は、家具の形に注目してみましょう。
モダンスタイルでは、直線のラインを意識してみて下さい。
直線的なラインはシャープで、シンプルな雰囲気を強調できます。

逆に、個性的な印象や変化を楽しみたい場合は、曲線の家具を取り入れると良いでしょう。

ポイント3つ目は、硬い質感です。
硬めの素材は、冷たく、静けさのある印象を与えます。
具体的には、ステンレス、スチール、ガラス、コンクリートなどを使用すると良いでしょう。

これだけ部屋に硬い素材を集めると、落ち着けない部屋にならないか心配される方もいらっしゃると思います。
そんな場合は、木製の素材を取り入れると良いでしょう。

薄くスライスした板を重ね合わせたプライウッドは、木製の素材の中でもモダンスタイルと相性が良いです。
部屋に温かみを取り入れたい場合は、取り入れてみて下さい。

 

□まとめ

今回は、モダンスタイルを取り入れるコツについてご紹介しました。
モダンスタイルはオシャレな家を作りたい方には最適なスタイルです。
ぜひ、部屋作りをする際には挑戦してみてください。

三木市でローコスト住宅をお考えの方へ!注意するポイントとは?

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年08月10日(月)

ローコスト住宅について知っているでしょうか。
ローコスト住宅は購入費用を抑えられる住宅ですが、その他にも注目すべき点がいくつもあります。
そこで、今回はローコスト住宅の魅力と購入前に注意すべきポイントについてご紹介します。

 

□ローコスト住宅が人気の理由

ローコスト住宅とは、人気のある間取りをパッケージ化し、一定の規格内で選ぶ住宅のことです。
最初から素材や種類が決まっているため、さまざまなコストを抑えられます。

では、具体的にローコスト住宅の魅力について見ていきましょう。
ローコスト住宅には2つのメリットがあります。

1つ目の魅力は、購入費用を抑えられる点です。
ローコスト住宅は、必要となる材料を大量に仕入れたり、間取りや設備を省いたりすることで使用する資材を減らしています。
このようにノウハウによって、抑えられた購入費用がローコスト住宅の魅力でしょう。

2つ目の魅力は、建築にかかる日数が少ない点です。
ローコスト住宅は、規格に沿って住宅建設されるため、現場で行われる材料の加工や組み立てが最小限で行われます。
そのため、建設にかかる工数が少なく、短い期間で住宅を建てられます。
時間に余裕のない方にとっては、嬉しいポイントですね。

 

□ローコスト住宅を検討する際に注意すべき4つのポイント

ローコスト住宅を購入する際には4つの注意点があります。
それぞれについて見ていきましょう。

1つ目のポイントは、標準仕様のものが備わっていないことがある点です。
ローコスト住宅は建築価格を抑えるために、最低限の仕様にしている場合があります。
そのため、通常の住宅では見られるような設備や間取りがオプションになることがあるでしょう。

2つ目のポイントは、間取りの希望が通らない場合がある点です。
ローコスト住宅は間取りの規格が決まっています。
そのため、注文住宅のように、自由に間取りの設計を行えません。
ローコスト住宅では、自身の希望が通らない場合があることを覚えておきましょう。

3つ目のポイントは、アフターケアです。
ローコスト住宅に限らず、住宅を選ぶ際にはアフターケアサービスの充実度には注目しましょう。
家は一生住むつもりで購入しますよね。
そのため、購入時には気づかなかった問題点に、数十年後に遭遇する場合があります。
こういった思わぬトラブルに対応するために、定期的なメンテナンスやアフターサービスが充実した不動産会社を選びましょう。

4つ目のポイントは予算です。
ローコスト住宅は思わぬ場所や設備でオプション費用が必要になることがあります。
想定していた住宅価格よりも、オプションによって高くなってしまうと困りますよね。
ローコスト住宅を購入する際には、想定予算に余裕を持たせて準備しておきましょう。

 

□まとめ

今回はローコスト住宅の魅力と注意すべきポイントについてご紹介しました。
ぜひ、この記事を参考に納得のいく住宅を購入してみて下さい。

三木市の方へ!ローコスト住宅の収納のポイントについて紹介

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年08月06日(木)

ローコスト住宅を購入する際に、収納スペースは気になるポイントですよね。
住み始めてから後悔しないためにも、収納スペースは事前にチェックしておきましょう。
そこで今回は、住宅の収納のポイントについてご紹介します。

 

□家が完成した後で収納に不満を感じる人は多い

実はローコスト住宅に限らず、家が完成してから収納に悩む人はとても多いです。
例えば、キッチンの収納です。
男性の高さに合わせて、収納スペースを作ったために、女性がキッチン収納を使う際に手が届かないことがあります。
忙しいキッチンの仕事場で、効率的に物を取り出せないのはストレスが溜まりますよね。

また、デッドスペースを活用した収納も失敗事例としてあります。
間取りを決めた際に、有効活用できない場所をデッドスペースといいます。
こうした場所を収納スペースとして利用する場合、間取りの構造上、奥行きや幅が十分にでないことがあります。
そのため、収納スペースを作ったけれども、ほとんど使用しないことがあるでしょう。

このように、収納スペースは使い始めてから不便を感じるケースが多い様です。

 

□収納は使うときをイメージして見極めることが大切

収納スペースがどれ程必要か事前に想定することは難しいですよね。
大きすぎる収納スペースを用意すると、生活空間を圧迫してしまいますし、小さすぎた場合は普段の生活が不便になってしまいます。

特に新築住宅を建設する際は、人は大きく広い収納スペースを用意する傾向にあります。
確かに、大きな収納スペースは一見便利に思われます。
しかし、実際に生活してみると、収納は広さよりも、どこに配置されているかが重要であると気付くでしょう。

例えば、いくら大きな倉庫を用意したとしても、毎日調理器具を倉庫に取りに行くのは大変ですよね。
この様に大げさな例ではなくとも、大きな収納スペースを求めるあまり、使用しない場所に収納スペースを作ってしまうことが多い様です。

収納スペースを用意する場合には、物をしまうだけでなく、物を出す場合、物を使う場合など、使用イメージを持ちましょう。
また、どの様な物を収容するかによっても、使用頻度が変わります。

キッチンの場合であれば、ホットプレートや大きな土鍋はあまり使用しません。
こういった物は、床下収納や高い戸棚にしまうと良いでしょう。
逆に、ボウルや食器など毎日使用する物は手に届く範囲に収納しましょう。

このように、どういった物を収納する場所なのかを想定すると、適切な収納スペースを作れるでしょう。

 

□まとめ

今回は住宅の収納のポイントについてご紹介しました。
ぜひ、この記事を参考に後悔しない収納選びをしてみて下さい。

見学会などのイベント情報を随時更新中!

という方はお気軽にお問い合わせください!

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは0120-798-277

ホームページからのお問い合わせはこちら

みなとハウジング たつの店 〒679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本12-7

Copyright © 株式会社みなとハウジング All Rights Reserved.