メニュー

スタッフブログ - みなとハウジング たつの市・姫路市・相生市・太子町 新築建売専門

  • 0120-798-277

    〒679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本12-7

  • イベント情報
  • 物件を探す
  • 0120-798-277

    〒679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本12-7

  • イベント情報

スタッフブログ

ローコスト住宅ってどんな選び方をすれば良いの?そんな疑問にお答えします!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2019年11月14日(木)

「ローコスト住宅を買おうと思っているけれど、どうやって選んだら良いのかな…」

「どのようなポイントに注目してローコスト住宅を選べば良いのかわからない。」

このようにお悩みの方はいませんか?

マイホームを購入するということを、多くの方は人生の中でそう何度も経験しません。

通常の住宅でさえ、マイホームを購入しようと決めてから実際に購入できるまでにたくさんの選ぶことや決めることなどの道のりがあります。

それは近年人気を集めているローコスト住宅でも同様です。

むしろ、まだ非常に一般的になっているとは言い難いローコスト住宅だからこそ、選び方がわからず困ってしまう方も多くいます。

そこで今回の記事では、ローコスト住宅を購入する際の選び方について、詳しくご紹介します。

 

□ローコスト住宅はどんな選び方で決めるべき?

*仕様で選ぶ

これだけは譲れない、できる限り取り付けておきたい、といった設備や仕様はありますか?

そのような項目をリストアップしてからローコスト住宅を探すのがおすすめです。

多くのオプションをつけてしまうと高額になり、せっかくローコスト住宅を探していたはずなのに、費用が高くなってしまうといった状況になりかねません。

希望の設備や仕様を絞ると選びやすいですよ。

 

*外観や内装に注目する

おしゃれではないという印象のあるローコスト住宅ですが、一概にそうとは言い切れません。

業者によってはローコスト住宅でも内装や外観のデザインに力を入れている場合もあります。

低価格の住宅でも見た目を犠牲にしたくないという方は、デザインを重視する業者を選ぶのも一つの手です。

当社では、デザイン性を重視したローコスト住宅の販売を得意としております。

 

*予算から選ぶ

人生設計を立てたうえで、マイホームにかけられる費用を算出しておくと選びやすくなります。

今後どのようなお金が必要になるのかある程度把握しておくことで、予算を絞り込めます。

そうすることで、妥協や背伸びをしすぎず、ローコスト住宅を選べるでしょう。

 

□まとめ

今回の記事では、ローコスト住宅の選び方について詳しくお話しました。

通常、マイホームを購入するには莫大なお金がかかります。

その費用がぐっと抑えられるローコスト住宅は非常に魅力的ですよね。

見るべきポイントをしっかりと把握してローコスト住宅を探すことで、より希望に沿ったマイホームを購入できますよ。

当社では、姫路市、三木市、神戸市、明石市、加古川市でローコスト住宅を多数お取り扱いしております。

ぜひお気軽にご相談ください。

ローコスト住宅に住みたい!どんなメリットがあるの?

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2019年11月14日(木)

「ローコスト住宅を購入しようか迷っているけれど、どんな良いところがあるんだろう?」

「価格を抑えて作られた家に住むってどんなメリットがあるの?」

このようにお悩みの方はいませんか?

一般的に、マイホームを購入しようとすれば莫大なお金がかかります。

そのため、金銭的に厳しくマイホームをいつまでたっても購入できないという方もいます。

そのような方にぴったりなのが、ローコスト住宅です。

このような住宅は近年人気を集め始めたもので、人によってはなじみがない方もいるかもしれません。

そこで今回の記事では、ローコスト住宅を購入するとどのようなメリットがあるのかついて、詳しくご紹介します。

 

□ローコスト住宅を選ぶと得られるメリット

*初期費用が低く抑えられる

ローコスト住宅を選ぶうえで最大のメリットはやはり、その価格の低さです。

一般的な家屋の建設となると、4000~5000万円以上かかることも考えられます。

一方でローコスト住宅であれば、2000万円台のものもあり、注文住宅などと比べて非常にお得です。

 

*短期間で家が完成する

ローコスト住宅の建設では、無駄なものが極力省かれています。

そのため工事で行うことも比較的シンプルなのです。

また、人件費を削減するための手段の1つとして、短期間で一気に工事を仕上げることが多いです。

その結果、ローコスト住宅は一般的な家屋よりも短い工期で完成できるのです。

 

*安定したクオリティがある

このような住宅の建設では、同じ機械や設備を利用して同じような家を複数建てていきます。

そのため、ローコスト住宅を多く手掛けている職人さんになればなるほど、そのクオリティは安定していく傾向にあるのです。

 

*迷わず家のことを決められる

注文住宅の場合、決めることが多すぎて疲れてしまったり、家族とトラブルになってしまったりするのはよくある問題です。

ローコスト住宅のようなシンプルな設計の多い住宅であれば、思い悩む余地はあまりありません。

優柔不断でなかなか決めきれない方には非常におすすめです。

 

□まとめ

今回の記事では、ローコスト住宅を選んだ際に得られるメリットについて詳しくお話しました。

価格以外にも、ローコスト住宅には様々なメリットがあります。

ご自身の生活環境や家計の事情と照らし合わせ、ぜひローコスト住宅を選択肢の1つとして考えてみてください。

当社では、姫路市、三木市、神戸市、明石市、加古川市でデザインにこだわったローコスト住宅を多数お取り扱いしております。

ぜひお気軽にご相談ください。

ローコスト住宅を買って後悔しないために!見るべきポイントについてご紹介!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2019年11月11日(月)

「ローコスト住宅を買おうと思っているけれど、どこに着目すればよい買い物ができるかわからない。」

「後悔しないようにローコスト住宅を購入したい。」

このようなお悩みをお持ちの方はいませんか?

マイホームの購入は、一生の中でも有数の大きな買い物の一つです。

せっかく買うのであれば、家族みんなが満足のいくお家を買いたいですよね。

低価格が売りのローコスト住宅が近年人気になってきています。

そのような住宅を買う場合でも、後悔せずに希望通りのマイホームを手に入れたいものですよね。

そこで今回の記事では、ローコスト住宅を買う上で知っておきたい「後悔しないためのポイント」についてご紹介します。

 

□後悔せずにマイホームを買うためのポイント

*材料について知識を持っておく

ローコスト住宅だからこそ、材質を確認しておくのはとても重要です。

しかし、材質を聞いただけではピンとこないかもしれません。

そのような方は、あらかじめどこにどのような材質が使われ、それぞれどのような特徴があるのかを簡単に把握しておくのがおすすめです。

業者に頼りきりにならず、自分でも知識を持っておくことで、自分の判断と照らし合わせてローコスト住宅選びができます。

 

*工事をする人の確認

工事をする職人はどのような人なのか、確認はできていますか?

経験があまりに浅すぎる方に任せていたり、マナーがなっていない方に任せていたりすると、思わぬトラブルの元になります。

事前に会社に確認しておくようにしましょう。

 

*ゆとりを持って予算を組む

どのような資金計画でローコスト住宅を購入するのかも、重要なポイントの一つです。

予算ぎりぎりの家を購入してしまうと、後でお金が新たに必要になったときに焦ってしまいます。

このような状況になって後悔しないためにも、ゆとりを持って予算に幅を持たせるのが大切です。

 

*建てた後のことも考える

家を建てた後も、トラブルを回避するためには気を抜くのは要注意です。

突然のトラブルが起きた時のためにも、アフターケアが充実している会社を選ぶのがおすすめです。

 

□まとめ

今回は、後悔せずにローコスト住宅を買うためにチェックしておくべきポイントについてご紹介しました。

あらかじめ確認するべきポイントを明確にしておくことで、後悔するようなマイホームの購入をしてしまう事態を避けられますよ。

当社では、洗練されたデザインのローコスト住宅を姫路市、三木市、神戸市、明石市、加古川市でお取り扱いしております。

ぜひお気軽にご相談ください。

ローコスト住宅ってどうなの?気になる安全性について解説

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2019年11月06日(水)

「ローコスト住宅を買おうかと思っているけれど、安全性が低くはないのか心配。」

「安い分、どこかに欠陥がある可能性があるんじゃないのだろうか?」

このようにお悩みの方はいませんか?

通常ではマイホームを建てようとした場合、かなりの大金がかかります。

そのため、経済状況からマイホームの購入を諦めざるを得ない方もいます。

近年、そのような方々の選択肢の一つとなっているのが「ローコスト住宅」です。

しかしその言葉の響きから、ローコスト住宅の安全性について不安を覚える方も多くいます。

そこで今回の記事では、気になるローコスト住宅の安全性についてお話します。

 

□話題のローコスト住宅、気になる安全性は?

低価格だからと言って、安全性が低いということはありません。

日本の法律では、安心して過ごせる建造物を建てるために、厳しい基準が設けられています。

この基準は、ローコスト住宅だとしてもクリアしなければなりません。

そのため、価格が低くとも最低限の安全性は保障されているのです。

 

□安全なのに価格が安い理由とは?

ローコスト住宅が低価格での販売を実現している理由はいくつかあります。

その一つが、大量購入による材料費のコストカットです。

ローコスト住宅では、似た仕様・作りの家をたくさん建てます。

そこに使われる材料はほとんど同じであるため、大量に購入することで価格を抑えて仕入れをしているのです。

また、家の形が基本的にシンプルな傾向にあるのもその理由です。

シンプルな設計を心がけることで余計な柱や壁などの材料が減り、低価格に仕上げられます。

シンプルな作りと聞くと、「あまりおしゃれではない家になるのかな」と思う方もいるでしょう。

しかし、施工会社によってはデザイン性を保った上でシンプルな設計になっている家も販売されています。

このようなポイントに加え、ローコスト住宅の販売では余計な広告費もカットされやすいです。

ターゲットを絞って宣伝することで広告費を減らし、その分家を低価格にしているのです。

 

□まとめ

今回の記事では、マイホームを建てる上で気になるローコスト住宅の安全性や、その安さの理由について詳しくご紹介しました。

価格が通常の家と比べて大幅に安いローコスト住宅ですが、欠陥があったり、無理な工事をしたりしているわけではありません。

マイホーム購入の選択肢の一つとして考えてみるのがおすすめです。

ローコスト住宅の購入をご検討されている方はいませんか?

当社では、デザイン性の高いローコスト住宅を姫路市、三木市、神戸市、明石市、加古川市で販売しております。

ぜひお気軽にご相談ください。

ローコスト住宅を買いたい方必見!維持費について詳しくご紹介

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2019年11月01日(金)

「ローコスト住宅は買うときは安いけれど、その後の維持費はどうなんだろう?」

「マイホームを購入したそのあとのコストが気になる。」

このようにお悩みの方はいませんか?

住宅にかけるお金は、月々にかかるお金の多くの部分を占めるものです。

住宅を建てる、または購入するだけでも費用がかかりますが、もちろん住んでいるその最中にもお金はかかります。

費用がかさむ住宅ですが、最近ローコスト住宅が注目を集めているのはご存知でしょうか?

この住宅は、一定のクオリティを持ったうえでさらに低価格であることが売りの商品です。

購入時の安さがメリットの住宅となると、気になるのはその後の維持費ですよね。

そこで今回は、ローコスト住宅の維持費について、詳しくご説明します。

 

□家の維持費って?

そもそも、住宅には主に点検のためのコストとランニングコストがかかります。

天候や外の環境によって家は日々傷んでいきます。

そのため、場所にもよりますが、10年から15年ほどでメンテナンスが必要になります。

もう1つのランニングコストは、日常的にその家で生活するうえでかかるお金のことです。

具体的には冷暖房の電気代などが挙げられます。

 

□ローコスト住宅の維持費は高い?

確かに、雑に作られた家はメンテナンスの頻度も高く、ランニングコストも高くなる傾向にあります。

しかし、ローコスト住宅だから雑に作られているという訳ではありません。

ローコスト住宅でも、その他の住宅と同じように法律で定められた一定の基準をクリアしたうえで建設されています。

そのローコスト住宅にはどのような素材が使われているのかを把握し、お住まいの地域の環境と照らし合わせて考えるのが大切です。

そうすることで、高額すぎる維持費にならず、より快適に住めるローコスト住宅を探せますよ。

その家ごとにどんな特徴があるのかよくわからないという方は、ぜひ施工会社や販売会社に問い合わせてみてください。

 

□まとめ

今回は、ローコスト住宅を購入する前に知っておきたい維持費について詳しく紹介しました。

いくら初期費用が安いといえど、その後の維持費が高額であればコストパフォーマンスが良いとは言い切れませんよね。

あらかじめどのようなことにお金がかかり、さらに何に気をつければより快適に住めるのかを知っておくことで、より良いマイホームの購入ができます。

当社では、洗練されたローコスト住宅を姫路市、三木市、神戸市、明石市、加古川市の地域で販売しております。ぜひお気軽にご相談ください。

最近話題のローコスト住宅、断熱性は問題ないの?

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2019年10月28日(月)

「経済状況的にローコスト住宅を建てたいけれど、欠陥がないのか不安。」

「安い家だから、断熱性がしっかりしていないのでは?」

このようにお悩みの方はいませんか?

 

マイホームを建てるというのは、人生の中でもかなり大きなお買い物の一つです。

しかし、高額な注文住宅を建てることが経済的に難しい方も多くいます。

 

そんな状況で、最近若い方の間で人気を集めているのがローコスト住宅です。

ローコスト住宅は、断熱性能などの面においてあまり良くないのではないかと心配するかもしれません。

そこで今回の記事では、ローコスト住宅の断熱性能について詳しくご紹介します。

 

□ローコスト住宅でも断熱性が求められる訳

ローコスト住宅を選ぶうえで、大切なのは価格のみではありません。

その断熱性も気になるところですよね。

住宅において、断熱性は快適に暮らすための重要な要素です。

 

断熱性がしっかりしていることにより、外気の影響を受けにくくなります。

これにより、夏は涼しく、冬は暖かく、過ごしやすくなるのです。

この断熱性は、ローコスト住宅だからといって、必ずしも良くないという訳ではありません。

 

ローコスト住宅でも、一定のレベルの断熱性は基本的にあります。

その上で、会社や家によって材質が異なり、性能の程度や価格が変動しているのです。

 

□よく使用されている断熱材の例

*繊維を使った断熱材

最もよく使われている素材の一つが、繊維でできた断熱材です。

手に入れやすく安価である一方で、湿気に強くないという特徴があります。

しかし、ものによってはシロアリを避けやすいというメリットもあります。

 

*発砲プラスチックを使った断熱材

コンクリートを使う建物によく使われている断熱材です。

発砲プラスチックの種類にもよりますが、水に強く、加工しやすいのが特徴です。

断熱材としての性能も高く、熱を伝えにくくしっかりとした気密性があります。

一方で、コストが高くなりやすく、シロアリの標的にもなりやすいというデメリットもあります。

 

□まとめ

今回は、ローコスト住宅でもよく確認しておくべき断熱性能について、詳しくご紹介しました。

ローコスト住宅だからといってあまりにも心配しすぎる必要はありません。

基本的にはローコスト住宅でも最低限の断熱性能は備えています。

だからこそ断熱材などの知識についてあらかじめ少し知っておくことで、適切に希望にぴったりのローコスト住宅を選べるはずですよ。

当社では、断熱性に関して標準として兼ね備えており、発砲プラスチックを使った断熱材などはオプションとして扱っております。

姫路市、三木市、神戸市、明石市、加古川市の地域でローコスト住宅をお探しの方はぜひお気軽にご相談ください。

ローコスト住宅ってメンテナンスはどうするの?詳しくご紹介します!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2019年10月24日(木)

「ローコスト住宅って、普通の住宅とメンテナンスは違うの?」

「どんなポイントに気をつけてメンテナンスしていけば良いのだろう?」

このようにお悩みの方はいませんか?

ローコスト住宅は、無駄を最小限に抑えることによって価格を低く設定しています。

家計の状況や人生設計から、あまり高い家を購入するのは難しいと考えている方に近年人気の商品です。

そのようなローコスト住宅ですが、メンテナンスについて特別なことがあるのではないかと不安に思っている方も多くいます。

そこで今回の記事では、ローコスト住宅を買う上で気になるメンテナンスのことについてご紹介します。

 

□家をメンテナンスするポイント

*家の外壁

住宅の外壁は、一見強度が高いように見えても、意外と周りの環境の影響を受けやすいものです。

特に日本の気候には、雨や風など、外壁を痛める原因となる要素が多くあります。

外壁のお手入れをさぼって放置していると、老朽化が進み、安心して暮らすのが難しくなります。

日常的に外壁にも目を向け、ほころびが小さいうちに修理してしまうようにしましょう。

 

*屋根

外壁と同様に、屋根もまた周りの影響を受けやすいです。

外壁や屋根のメンテナンスは高所での作業です。

そのため、壁と屋根の修繕や点検は同時に行われることも多いです。

屋根のパーツは劣化しやすく、キズを放置しているとトラブルの元となります。

雨漏りを防ぐためにも、少しおかしいと感じた箇所があればすぐに業者に相談しましょう。

 

*水道周り

水道周辺は、日常的にも使う頻度が非常に高い場所です。

基本的には10年ほどで補修が必要になるケースが多いですが、使い方によってはもっと早く修理が必要になってしまいます。

日常的に使う場所だからこそ、意識を向けておくのがおすすめです。

また、20年ほどで設備の入れ替えを検討すると良いでしょう。

 

□ローコスト住宅を買う前に

ローコスト住宅を実際に購入する前に気をつけておきたいのが、建設後のフォローの仕組みです。

会社によっては、何年か保証が付いていることもあります。

そのような場合でも、どういったケースにどのような保証内容が付くのか明確にしておきましょう。

 

□まとめ

今回の記事では、ローコスト住宅のメンテナンスや、チェックしておくべきポイントについて詳しくお話しました。

ローコスト住宅でも、メンテナンスをきちんとしてあげることで問題なく快適に過ごせます。

ぜひ日々のお手入れや点検をまめに行ってみてください。

当社では、洗練されたデザインのローコスト住宅を姫路市、三木市、神戸市、明石市、加古川市の地域で販売しております。ぜひお気軽にご相談ください。

マイホームを購入したい方必見!ローコスト住宅を選ぶコツとは!?

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2019年10月21日(月)

「ローコスト住宅の購入を視野に入れているけれど、どの会社を選べば良いのかわからない。」

「あまり良くないローコスト住宅を選んでしまわないか不安だな。」

このようにお悩みの方はいませんか?

マイホームの購入は、月ごとに家賃を払って借りる家とは異なる大きな買い物です。

だからこそ、妥協せずに納得できる家に住みたいですよね。

最近では、価格を従来の家の建設よりもぐっと抑えたローコスト住宅も登場しています。

そのような家が人気を集める一方で、ローコスト住宅に不安感を持っている人もいます。

そこで今回の記事では、上手にローコスト住宅を選ぶコツについて、詳しくご紹介します。

 

□ローコスト住宅を上手に選ぶコツとは?

*クオリティは信頼できるかどうか

家を建てるのは大工さん本人です。

適切な工事が行えるきちんとした職人さんなのかどうか、雰囲気やポリシーをウェブサイトなどで調べてみるのがおすすめです。

また、工事期間があまりにも短い会社は要注意です。

ローコスト住宅は、もともと工期が大変短いのが特徴です。

しかし、他社と比べてあまりにも短い工事期間である場合、手抜き工事の可能性もあります。

工期の長さにも着目するようにしましょう。

 

*安心して暮らせるかどうか

日本は災害の多い国です。

そんな時、安心して住める家の方が家族を任せられますよね。

老朽化や地震、その他の災害に対応している会社だと安心です。

 

*快適に暮らせるかどうか

断熱性能や風通しはしっかりしていますか?

このような要素は、ローコスト住宅といえどもしっかり設計するべきものです。

会社からの素材についての説明をうのみにするだけでは不十分です。

ご自身でもある程度素材の特徴などについて調べておくことで、安心してローコスト住宅を選べます。

 

*アフターフォローはできているか

家は建てたらそこでおしまい、という訳ではありません。

日々の生活や風雨の中で、外も中も少しずつ劣化していきます。

そのようなときに相談にのってくれるのかどうかも、しっかり見極めるようにしましょう。

 

□まとめ

今回の記事では、適切な箇所に着目することで、より良いローコスト住宅を選ぶコツを詳しくお話しました。

これから、生きている時間の多くを過ごすことになるマイホームだからこそ、丁寧に選択したいですよね。

あらかじめ選び方のコツを把握しておくことで、ご自身やご家族のみんなにぴったりの家選びができますよ。

当社では、低価格で素敵なデザインのローコスト住宅を姫路市、三木市、神戸市、明石市、加古川市の地域で販売しております。ぜひお気軽にご相談ください。

三木市志染町中自由が丘三丁目に新築建売住宅を建築中

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2018年09月15日(土)

三木市志染町中自由が丘三丁目で新築建売住宅を着工しました。

基礎配筋が出来てました。

9/19にコンクリート打設予定です。

 

 IMG 6392

 

IMG 6393

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真庭市内・モデルハウスの見学会

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2018年06月24日(日)

岡山県真庭市でワンズキューボの現場見学会に行きました。

この商品はワッドワンの無垢材が使用され、木の持つ力を存分に活かした住まいです。

maniwa06

 

maniwa06

 

maniwa06

 

maniwa06

 

maniwa06

 

maniwa06

見学会などのイベント情報を随時更新中!

という方はお気軽にお問い合わせください!

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは0120-798-277

ホームページからのお問い合わせはこちら

みなとハウジング たつの店 〒679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本12-7

Copyright © 株式会社みなとハウジング All Rights Reserved.