メニュー

スタッフブログ - みなとハウジング たつの市・姫路市・相生市・太子町 新築建売専門

  • 0120-798-277

    〒679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本12-7

  • イベント情報
  • 物件を探す
  • 0120-798-277

    〒679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本12-7

  • イベント情報

スタッフブログ

三木市でデザイン住宅をお考えの方へ!北欧風のポイントを解説します!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年06月25日(木)

三木市で新築物件をご検討中の方はいらっしゃいませんか。

昨今、家の内装にこだわる方が増えています。

家のデザインは、西海岸風やナチュラル、シンプルなど多岐にわたります。中でも人気なのが北欧デザインです。

今回は、北欧デザインとは何かと北欧風の家づくりのポイントについて解説しましょう。

 

□北欧デザインとは


北欧デザインとは、その名の通りノルウェーやフィンランドなど北欧諸国で生まれたデザインのことを指します。

具体的に、北欧デザインにはどんな特徴があるでしょうか。
北欧デザインは、よく動物や植物といった自然に関連するものをモチーフにデザインされています。

例えば、フリータッチで描かれた果物の断面が色とりどりに並べられているデザインは、北欧風の定番と言えるでしょう。
また、北欧デザインは、優しい色を使う傾向があります。

基本的に、青や黄色、緑といったアースカラーを基調として、ビビットカラーをアクセントに取り入れていることが多いです。
このように北欧デザインは、優しいタッチで自然をモチーフにしています。

そのようなデザインはリラックス効果があるため、家の内装として取り入れたくなりますよね。

 

□北欧デザインに欠かせないポイントとは


具体的に北欧風の家にするには、どんなポイントがあるのでしょうか。

先ほどの特徴を踏まえて、解説しましょう。

 

*家具を北欧風にしよう


まず、北欧の雰囲気のある家具を採用しましょう。

北欧デザインは、自然を基調としているため、木の温もりを感じられる家具を選びましょう。

ソファは、木と布が組み合わされたデザインのものがおすすめです。

北欧家具は、脚がだんだん細くなっていくテーパードレッグになっていることが多く、その点にも注目して家具選びをすると全体が統一されたデザインになるでしょう。

 

*北欧風の色使いをしよう


北欧デザインは、優しい色を使われていることが多いです。

それらの色を活かすために、壁は白や薄いグレーがおすすめです。

床は薄茶色のフローリングを選ぶと良いでしょう。
その空間に、北欧ファブリックのクッションを置いたり、生地を壁にかけたりすると、デザインが映えますよ。
色と素材にこだわれば、簡単に北欧風の部屋が完成しますよ。

 

□まとめ


北欧デザインの特徴と北欧風の家にするポイントを説明しました。

北欧風の空間は、優しい色とデザインで、きっとあなたを癒してくれるはずです。

当社はデザインにこだわった新築物件を取り扱っております。

家のデザインについてもっと知りたい方は、気軽にご相談ください。

三木市でローコスト住宅をお考えの方へ!人気の秘密をご紹介!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年06月21日(日)

「なるべくコストを抑えて家を建てたい。」「なるべくコストを抑えて家を建てたい。」「自分の収入で無理なくローン完済できる家に住みたい。」このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。

近年、ローコスト住宅はとても人気です。

将来のために、安全で快適な家をなるべく安く購入したいですよね。
今回はローコスト住宅の人気の秘密とコストカットの方法について解説しましょう。

 

□なぜローコスト住宅は人気なのか


なぜローコスト住宅は人気なのでしょうか。

それは、安さ以外にも様々な魅力があるからです。

以下にローコスト住宅に人気の秘密を紹介します。
ローコスト住宅とは、一般的に総額1000~3000万円ほどで建てられる住宅を指します。

普通の家の建設費は、地域によりますが、3000~3500万円ほどです。

通常の建設費の約3分の1で家を建てられる場合があると考えると非常にお得ですよね。

この安さこそ、ローコスト住宅の人気の理由だと言えるでしょう。
また、入居までのスピードが速いことも人気の理由の1つでしょう。

ローコスト住宅は、規格住宅であることが多く、設計から建設までスピーディーに行われます。
そのため、注文住宅に比べて早く入居できます。

なるべく早く入居したい方や、具体的に家に住みたい時期が決まっている方には、ありがたいですよね。
そのほか、建て替えを想定している方にも人気です。

家族が増えたり、二世帯で暮らすことになったりとライフスタイルは大きく変化する可能性があります。
あらかじめそのような場合を想定して設計するのも良いですが、必要になった際に設計した方が無駄のない改築ができるでしょう。

最初の建設費を安くする分、リノベーションや改築にお金をかけやすいですよね。

 

□ローコスト住宅のコストカット術とは


安い家と聞いて、工事が雑に行われていないか、劣悪な建材を使っていないか、と考える方がいらっしゃると思います。
しかし、実際は家の機能面、安全面にしっかり配慮された家づくりがなされています。

それでは、ローコスト住宅は、どんな工夫をして安価でも安心できる家を提供しているのでしょうか。
ローコスト住宅は、間取りや住宅の形状など設計の工夫がされていることが多いです。

家の見た目にこだわって、複雑な構造にしたり、いろいろな装飾を施したりすると費用は多くかかってしまいます。

そのため、ローコスト住宅は、長方形や正方形といったシンプルな形状で設計されます。
また、壁を増やすとその分の材料費や建築費がかかってしまいますよね。

そこで、部屋数を減らす、オープンで広い部屋を作るといった工夫をして、コストのかからない間取りを設計しています。

シンプルな間取りで開放感を出したい方は、ローコスト住宅を検討してはいかがでしょうか。
ローコスト住宅は、建材にも工夫をしています。

なるべく安い建材や床材を大量に仕入れ、管理することで材料費を抑えています。

また、その建材の加工は工場でまとめて行われるため、工事の際に人件費がかからないようにしています。
家を作る過程1つ1つに工夫が施すことで、その安さを実現していることがご理解いただけたでしょうか。
中には、安い家にしたいが、デザインも気にしたい、断熱はしっかりしたい、といった方もいらっしゃるかと思います。

そのような場合、間取りの設計や断熱材の質だけをこだわってそれ以外のコストを減らせば、安くて理想的なマイホームを建てられますよ。

 

□まとめ


以上、ローコスト住宅の人気の秘密、コストカット方法について紹介しました。

賢く節約することで、安くても十分快適な家が建てられます。

当社は、三木市の新築戸建て住宅の販売を行っております。

また、デザイン性の高いローコスト住宅も取り扱っております。

ローコスト住宅に興味がある方は、ぜひ当社までご連絡ください。

姫路でデザイン住宅をお考えの方へ!建売の特徴を解説します!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年06月18日(木)

姫路でデザイン住宅や建売住宅をお考えの方はいませんか。
住宅の購入は大きな買い物なのでしっかり調べてから購入したいですよね。
相場より安価だと心配になる方もいるでしょう。
建売住宅はグレードを保ちながら安価で購入できるというメリットを持っています。
今回は建売住宅に注目して特徴を解説します。

 

□建売住宅の特徴とは

 

建売住宅という言葉を初めて聞く方もいるでしょう。
建売住宅は不動産業者が土地を仕入れ、土地と住宅がセットで販売するもので住宅が完成してから販売されるケースと、建築中に販売されるケースがあります。
建築中でもすでにデザインが決まっている場合がほとんどです。

すでに完成しているという点でデザイン面において不安になる方もいるかもしれません。
しかし建売住宅では近隣との調和が取れているとも言えます。

建売住宅はまとまった土地に複数の区画を設定し同じ仕様の住宅を建てることが多いので小規模の分譲地から大規模の分譲地まであります。
大規模分譲地では同じ仕様のため近隣の家の外観が統一されており、自分の家だけでなく周りの環境も魅力的と言えるでしょう。

また同じ土地の広さでも建売住宅はあらかじめ資材をまとめて購入することにより、工事の際にも効率的に進められるため価格が抑えられることがメリットとなります。

価格が相場より安いと聞くとグレードを心配される方も多いでしょう。
しかし一度に複数の住宅を建築することで抑えたコストをグレードに回せるので安価でも高級感のある住宅を建設できます。

すでに完成している住宅を購入することもできるので自分が住んだ時のイメージがつきやすいこともメリットでしょう。

またすでに完成している住宅の場合は契約から引越しまでの期間が1ヶ月と素早く済ませられます。
デザインが決められているので1から全て決める時間がない方にはおすすめでしょう。

そのため建売住宅は土地を持っていない方、入居を急いでいる方、時間も手間もかけずに一戸建てを購入したい方、すでにあるデザインから選びたい方に特におすすめでしょう。
デザインが決められていると言っても、こだわりにも対応できる幅広いオシャレな建売住宅も存在します。

手間をかけずにデザイン性の高い家を購入できることは忙しいビジネスマンには魅力的な物件になるでしょう。
自分の中に優先順位を決めてそれに沿って購入する物件を決めましょう。

 

□まとめ

 

建売住宅の特徴について解説しました。
安価なのにはきちんと理由があるので納得できますよね。
また周りの家との調和が取れていて整った街並みに住むと購入してからも満足感が高いでしょう。
住宅の購入は大きな買い物なので自分の理想に合った住宅を探しましょう。

姫路市でローコスト住宅をお考えの方必見!住宅地盤保証システムとは?

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年06月14日(日)

姫路市でローコスト住宅の購入を考えている方で地盤保証という言葉をご存知の方はいらっしゃいませんか。
建物には問題が無くても時間が経つと地盤が緩み住居に支障をきたす場合があります。
その時に地盤保証が役立ちます。
今回は地盤保証がどのようなものか解説します。

 

□地盤保証とはどんな保証なのか

 

地盤保証とは地盤に発生したトラブルによって住宅に被害が出た場合に建物や地盤の修復費用を保証してくれる制度です。

地盤に関してあまり詳しくない方もいらっしゃるでしょう。
建物の下にある土の中には空気や水が含まれていて、この上に重い建物が建つと時間の経過とともに土の中の空気や水が抜けて建物が沈んでしまいます。
片方だけ沈むなどアンバランスに沈むと建物に歪みが生じる場合があります。

本来地盤は比率のバランスが整わないといけないのですが、土の比率が高いため硬い硬質地盤と水と空気の比率が高く柔らかな軟弱地盤があり、不同沈下を引き起こすのは柔らかな軟弱地盤です。

例えば外壁に亀裂ができたら嫌ですよね。
業者の手抜きやミスが原因では無く、地盤の緩みによって被害が出た時に地盤保証によって保証されます。

保証内容に原状回復のための工事費用が含まれ、保証を始めた時と同じ程度の状態に戻せます。
また、住居の地盤を調査しデータを解析することで住宅を被害から守ることも含まれます。

不同沈下の被害は深刻になると修復に莫大なコストがかかる場合があるので、もし支払うとなったら大変ですよね。

不同沈下によって起こる被害には床が傾いたり、ドアが開きにくくなったりすることがあります。
建物が傾くと隙間から雨水が入り込んだりして建物にダメージを与え、耐震性を損なう危険があるので気づいたらすぐに業者に連絡しましょう。

また、深刻な健康障害を引き起こすことがあります。
家が傾いた状態で生活を続けると三半規管がダメージを受け、めまいや吐き気、頭痛などの症状が出る場合があります。

地盤保証は地盤会社が担い、その手続きは建築会社を通して行われます。
しかし費用などトラブルになる可能性はあるので保証内容はご自身でも確認しましょう。

地盤保証の注意点として知っておく必要があることは、地震や洪水、津波、豪雨などの災害で生じた不同沈下による被害は対象外となることです。
また、地震で生じる液状化も対象外となります。

 

□まとめ

 

地盤保証について解説しました。
不同沈下によるトラブルにはドアの立て付けなど住宅の価値を下げるものだけでなく、健康被害を及ぼすものもあるので気づいたらすぐに修復しましょう。

在来工法のローコスト住宅の特徴とは?姫路市の業者が特徴を解説!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年06月10日(水)

姫路市でローコスト住宅を考えている方はいませんか。
一言にローコスト住宅といっても様々な種類があります。
在来工法は昔から続いてきた伝統工法により様々なメリットを持っています。
今回は在来工法について解説します。

 

□在来工法の特徴やメリットについて

 

在来工法とは昔から日本にあった建築方法のことで柱と梁を組み合わせて家の骨組みを作るため木造軸組工法や在来軸組工法とも言われます。
柱と梁で建物を支え壁は土で塗り固めると木の使用量を減らせ、窓を大きくできるという考えから長い年月をかけて発展してきました。

長年日本で使われてきた工法なので日本の様々な気候に対応しているだけでなく近年では金物が発達、改良され耐震性にも優れています。

在来工法にはリノベーションしやすいというメリットがあります。
リノベーションという言葉を初めて聞く人もいるでしょう。
リノベーションとは既存の建物に工事を行うことで住居の性能を向上させたり、資産価値を高めたりすることです。

リフォームと似ていると感じる人も多いでしょう。
リフォームがマイナスの状態からゼロの状態に戻すために行うことに対して、リノベーションは既存のものにプラスして機能や性能を向上させることです。

家族が増えた時に仕切りの壁をなくして広々としたリビングを作ったり、天井を取り除いて広々とした空間も作ったりすることもリノベーションに含まれます。

リノベーションはライフスタイルや生活環境に合わせて自由にアレンジできることから近年では人気が高まっています。

施工できる業者が多いというメリットもあります。
古くから使われてきた工法なので現在でも多くの住宅が在来工法で建てられています。
施工できる業者が多いので探しやすいでしょう。

大きな窓が欲しいと考えている人は多いでしょう。
在来工法では壁が自由に抜けているので大きな開口を設けやすくなっています。
大きな開口を設けて太陽光や自然を多く取り入れられます。
プライバシーが気になる方は中庭のある家を選ぶことで住居が密集する地域でも安心ですよね。

また木造でも、防火性をある程度保てます。
木がよく燃えるとされる部分は周りの部分で、木の中心部まで燃え進みにくくなっています。
耐震性にも優れているので木造住宅は耐久性に優れているでしょう。

 

□まとめ

 

在来工法には様々なメリットがあります。
大きな開口を作れるので広々とした空間を住居に求めている方におすすめでしょう。
ローコスト住宅なので間取りがある程度決められている点は事前に理解しておきましょう。

姫路市の方へ!デザイン住宅のリビング照明の選び方をご紹介します!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年06月06日(土)

姫路市でデザイン住宅に住みたい方は必見です。
長い時間を過ごすリビングは、デザイン性の高いものが良いですよね。
そのような方は、リビング照明にこだわってみてはいかがでしょうか。
部屋の雰囲気には照明が大きく関係しますので、こだわる価値はあるでしょう。
そこで今回は、リビング照明の選び方をご紹介します。

 

□リビング照明の選び方とは

 

リビング照明を選ぶ際のポイントを3つご紹介します。

 

*照明の種類

 

照明は様々な種類があり、それぞれが特徴をもっています。
イメージに合った種類の照明を選ぶことが大切でしょう。
では、照明にはどのような種類があるのでしょうか。

まず、最も一般的なのはシーリングライトです。
天井に直接つける薄めのタイプで、部屋の広い範囲を照らしてくれます。
手に入れやすく、光の色を選べるタイプもあるため、自由度が高い種類と言えるでしょう。

また、天井に吊るすタイプのペンダントライトという種類もあります。
デザイン性を重視する方に人気で、テーブルの上などに配置することが多いです。

他には、天井に埋め込むタイプのダウンライトが挙げられます。
高級感を出すならシャンデリアという選択肢もあるでしょう。
個性を出すために、部屋の端にフロアライトを置く方もいます。

 

*照明の色

 

照明の色は意外にも幅広いです。
微妙な違いでも部屋の雰囲気が大きく変わることがありますので、十分に検討しましょう。

色は主に3色で、昼光色、昼白色、電球色と呼ばれます。

昼光色は青白い光を放ち、現代的な雰囲気を演出してくれます。

昼白色はベーシックな色で、どのような雰囲気にも合わせやすいです。
特にこだわりがない場合は、この色が無難でしょう。

電球色は名前の通り、電球のような温かみのある色です。
このような暖色系の照明を採用すれば、リビングはくつろぎやすい空間になるはずです。

 

*リビングが広い場合

 

キッチンやダイニングが併設していて、リビングが広い場合、1つの照明で部屋を明るくするのには限界があります。
そのような場合は、複数の照明を設置すると良いでしょう。
ダウンライトを複数配置するなら、壁に光が反射するようにすると効果的です。

 

□まとめ

 

今回は、リビング照明の選び方について解説しました。
まずは、実現したいリビングの雰囲気に合わせて照明の種類を選びましょう。
照明の色でも雰囲気は変えられますので十分に検討すべきでしょう。
暖色系ならばくつろぎやすいリビングを作れます。
広いリビングの場合は、複数の照明を配置して部屋を照らしましょう。

姫路市でローコスト住宅をお考えの方へ!後悔例と対策方法をご紹介!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年06月02日(火)

姫路市でローコスト住宅をお考えの方へ。
ローコスト住宅は、低コストで良質な家に住めることが魅力です。
しかし、どのような家にも見落としがちな欠点はあるものです。
住んでみてから後悔することの無いように、事前に後悔した事例を知っておきましょう。
今回は、ローコスト住宅の後悔例とその対策について解説します。

 

□ローコスト住宅での後悔例とは

 

まず挙げられる後悔例は、好みの間取りを実現できない可能性があることでしょう。
ローコスト住宅は、家の品質を落とさずにコストを抑えようと努めています。
そのため、どうしても間取りは規格化されたものが中心になってきます。
珍しい間取りの家住みたい方は、ローコスト住宅での家探しは難しいかもしれません。

しかし、間取りが規格化されているからと言って、デザイン性が低いというわけではありません。
よほどのこだわりがない限り、好みの間取りのローコスト住宅が見つかればかなりお買い得でしょう。

また、小さなリフォームをしているうちに費用がかさんでしまったという後悔例もあります。
分譲の場合、家全体としては良くても後から細かいところが気になることがあります。
その場合はリフォームで対応できるのですが、その回数が多いと結果的に費用がかさんでしまいますよね。

さらに、住んでみると生活が不便と感じる方もいるようです。
コストを抑えるため、部屋数を減らす工夫をしている場合があります。
そのような場合、一部屋が広めになり空調が効きにくくなるでしょう。
コンセントも減らしてある場合がありますので、たくさん電源を使う方は少し不便と感じるかもしれません。

 

□後悔しないためのポイントとは

 

では、後悔しないためにできることは何なのでしょうか。

 

*費用面を十分に検討する

 

費用を抑えられると思ってローコスト住宅を選んで、結果的に多くの費用がかかると後悔の原因になります。
リフォームの希望や維持費についても十分に検討しましょう。
その際、今後の家族計画も含めて相談できると良いでしょう。

 

*保証が十分か確認する

 

長く住み続けるのであれば、家を買った後も住宅会社と付き合っていくことになります。
保証や定期点検が充実しているかどうかも確認しましょう。

 

□まとめ

 

ローコスト住宅の後悔例とその対策について解説しました。
間取りがある程度規格化されたものである点は事前に理解しておきましょう。
また、リフォームなどの計画も事前に確認し、費用とともに十分に検討しておきましょう。
保証や定期点検の充実も大事なポイントですので、確認が必要です。

姫路市でデザイン住宅をお考えの方へ!和室の収納のコツを解説します!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年05月29日(金)

姫路市でデザイン住宅を検討中の方はぜひご覧ください。

デザイン住宅に和室がある場合、収納をどうするか迷うことも多いのではないでしょうか。

和室はデザインや雰囲気だけでなく、賢く使えばとても便利な収納スペースとなります。

今回は、和室の収納の方法やコツについて解説します。

 

□和室の収納の方法やコツとは

 

*和室の収納の特徴

 

和室の収納は、洋室にはない特徴があります。洋室の収納がクローゼットのみであるのに対し、和室の収納は押し入れや天袋です。

押し入れは布団などをしまうのに便利ですし、天袋は小さなものを収納するのに便利です。

家に洋室がほとんどという場合、和室の収納はやはり貴重ですよね。
しかし、和室にも収納がある場合とない場合があります。

それぞれの場合について、収納のコツをご紹介します。

 

*収納がある場合のコツ


まず、押し入れの奥行に注意しましょう。

奥行が深い場合、物がたくさん収納できる一方で、奥の物を取り出しにくくなります。

対策はやはり、使用頻度の少ない物を奥にしまうことでしょう。

キャスター付きの収納ボックスを用いるなどして、奥の物を取り出しやすくすることも有効でしょう。
また、押し入れの中に収納ボックスをいれる場合にはその使い分けに注意しましょう。

収納ボックスは製品によって、取り出し方が異なります。

大きく分けると、引き出し型のものと蓋をするものに分けられます。

引き出し型は頻繁に取り出すもの、蓋をするボックスはあまり使わないものという形で分けましょう。
さらに、押し入れ内に収納棚を入れることもスペースの有効利用につながります。

扇風機や布団など、上に物を積み重ねられない物を収納すると、デッドスペースができてしまいがちです。

そのような物を棚の下段にしまえれば、棚の上のスペースが有効活用できるでしょう。

 

*収納が無い場合のコツ

 

押し入れなどの収納が無い場合、畳の上に収納を置く必要があります。

その場合、和室の雰囲気を損ねないようなデザインの収納を選びましょう。
カラーボックスを置く場合、壁の色と合わせて白系のものが無難でしょう。

たんすを置く場合、木製のものならば雰囲気に合い、高級感を演出できるでしょう。

パイン材などの木製の棚も、意外と和室に合うのでおすすめです。

 

□まとめ


今回は和室の収納の方法とうまく収納するコツについて解説しました。

奥行のある押し入れの場合、物をしまう順番に注意しましょう。

収納ボックスは便利ですが、取り出し方によって用途が変わってくるので注意しましょう。

部屋に収納が付いていない場合、和室の雰囲気に合うデザインの収納を選びましょう。

ローコスト住宅には断熱ガラスがおすすめ?姫路市の業者が解説します!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年05月25日(月)

ローコスト住宅をお考えの方へ。ローコスト住宅をお考えの方へ。

低コストの家には機能性を望めないとお考えではないでしょうか。

実は、断熱ガラスを採用することで家の機能性や快適さを十分に高めることができるのです。

今回は、断熱ペアガラスの特徴について姫路市の業者が解説します。

 

□断熱ペアガラスの特徴とは

 

*断熱ペアガラスとは


断熱ペアガラスとは、ガラスを2枚重ねてその間に少し隙間を開け、空気層を挟み込んだものです。

対して通常のガラスは単層ガラスなどと呼ばれ、名前の通りガラスが1枚のものです。

 

*ペアガラスのメリット

 

2枚のガラスとその間に空気層がある構造、これが多くのメリットをもたらします。
まず、断熱性が高いことが1番のメリットでしょう。

窓はどうしても外の暑さや寒さを部屋の中に持ち込んでしまいます。窓の断熱性を上げることで家全体の断熱性を高められるでしょう。
空気はガラスより熱を伝えにくいです。

そのため、2枚のガラスの間に入っている空気によって断熱性が大きく向上します。
また、断熱性が高いことにより、省エネ効果が見込めます。

毎年の夏や冬のエアコン代が抑えられれば、長期的に見るとかなり節約できるでしょう。
さらに、結露ができにくいこともメリットの1つでしょう。

冬場に発生する結露は、家や住む人にとって多くのデメリットをもたらします。

水滴が窓のサッシや床を傷めるのはもちろんのこと、カビも発生しやすくなります。

カビの胞子により、健康が損なわれる可能性があるため危険でしょう。
結露は、外と部屋の中の温度差により発生します。その温度差を小さくするペアガラスは、結露の発生も抑制してくれます。
さらに、遮音性が高いことも魅力でしょう。

やはり、ガラスの間の空気層が遮音の役割を果たしてくれるのです。

 

*ペアガラスのデメリット

 

デメリットとして挙げられるのは、重くなってしまう点です。ガラスが2枚ある分、やはり窓ガラスは重くなりますよね。小さなお子さんには少し不便かもしれません。

 

□当社では、断熱ペアガラスを標準仕様としています

 

当社の分譲住宅では、断熱ペアガラスを標準仕様としております。ペアガラスを採用することにより、断熱、結露の防止、遮音など、機能性が高く快適な住宅を実現しています。

 

□まとめ


今回は、断熱ペアガラスの特徴について解説しました。もちろん、断熱性が高いことは1番の魅力ですね。

また、断熱性が高いと光熱費が節約できるのが嬉しいですよね。

さらに、長く住むことを考えれば、結露ができにくいことも大きな魅力です。

家へのダメージやカビによる健康被害を抑えられるでしょう。

ローコスト住宅にしろあり保証は必要?姫路市の業者がしろあり保証について解説!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年05月21日(木)

ローコスト住宅のご購入を考えている方でしろあり対策が必要なのかどうかお悩みの方はいませんか。

しろあり対策を全くしなければ約50%の家屋がしろあり被害に遭うと言われています。

ローコスト住宅にしろあり対策をすることで安心して住めるでしょう。

今回はしろあり保証の必要性について解説します。

 

□しろあり保証が必要な理由について


しろあり被害は対策しなければどの家に起きてもおかしくありません。

しろあり被害で起こる症状を紹介します。
しろあり被害に遭うと家の土台や柱など基盤部分が腐り、家のゆがみや傾きにつながり建物の寿命を縮めます。

寿命が縮むということは家の価値が低下することなので売却時に値段が低くなるだけでなく、リフォーム時に余計な支出を出すことにもつながるでしょう。
家の見えない部分が徐々にひどくなっていくので気づかないでいると地震や台風に耐えられなくなる可能性が高くなります。

阪神大震災で倒壊した家屋の約80%がしろあり被害に遭っていたというデータもあります。

家の価値が下がるだけでなく家族の安全にも関わってくるのでしっかりと対策しましょう。
水回りなど湿気が貯まりやすい部分にも注意が必要です。断熱と換気を徹底することでしろあり被害を抑制できるでしょう。
資産価値が下がることや倒壊のリスクがある家は嫌ですよね。

しろありは一度発生すると繁殖力が非常に高いのでしろあり被害に遭う前に対策、予防することが大事です。

もし、しろあり被害に遭ってしまったら専門業者に連絡し、隅々まで駆除してもらいましょう。
しろあり被害に遭わないためにも日頃から家の細かい部分にも気を配りましょう。

定期的にメンテナンスを行うこともおすすめです。

またどのような対策が必要かは各家庭によって異なるのでこれから家の建てるのであれば、構造や素材を見直すのも良いでしょう。

 

□当社のしろあり保証の内容について


「Jotoキソパッキング工法」のもの選んでいただいた場合、竣工後10年以内のしろあり被害に対して累計1000万円の安心保証があります。
また長年の実績による安心と安全があります。

40年以上お客様にご愛顧されており、年間5万戸超の登録、累計で80万戸以上に安心と安全をお届けしています。

 

□まとめ


しろあり被害は放置していると家の価値の低下だけでなく家族の安全にも関わってくるので怖いですよね。

発生させないためには日々の心掛けと、こまめなメンテナンスが大切になります。

またしろあり保証に加入しておくことでもし、しろありが発生しても保証金で業者に駆除して貰えるので加入をおすすめします。

見学会などのイベント情報を随時更新中!

という方はお気軽にお問い合わせください!

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは0120-798-277

ホームページからのお問い合わせはこちら

みなとハウジング たつの店 〒679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本12-7

Copyright © 株式会社みなとハウジング All Rights Reserved.