メニュー

スタッフブログ - みなとハウジング たつの市・姫路市・相生市・太子町 新築建売専門

  • 0120-798-277

    〒679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本12-7

  • イベント情報
  • 物件を探す
  • 0120-798-277

    〒679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本12-7

  • イベント情報

スタッフブログ

三木市でデザイン住宅を検討中の方へ!平屋のメリット・デメリットを解説します!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年03月04日(水)

住宅を検討する時に2階建てが当たり前になってきているのではないでしょうか?

しかし、最近1階建てや3階建ての住宅も増え始めています。

そこで今回は、三木市でデザイン住宅の購入をお考えの方に向けて、平屋に関する特徴について解説していきます。

 

 

□そもそも平屋とは?

 

住宅では、材質や階など様々なタイプを選択できます。

その中で平屋と聞いてどのような特徴を思い浮かべますか?

平屋とは1階建てで見た目が平らな住宅のことを指します。

最近デザイン住宅を購入する人が増加していて、平屋が注目されています。

 

 

□平屋のメリットやデメリットにはどのようなものがあるのか?

 

平屋は通常の住宅とは違って1階建てなので、1階建てならではの考慮しなければならない点が発生します。

その特徴を理解して良い住宅と立てられるようにしましょう。

 

*住宅が平面である

 

平屋は言葉の通り1階建てで平面の構造です。

そのため、平屋の特徴としては階段やエレベーターのような縦に移動する設備を設置する必要がないと言うことです。

つまり、その分のスペースや建設費用を節約できます。

しかし、その反面平面で1階建てと言うことは、2階部分のスペースが無くなってしまいます。

つまり、2階部分と同じだけの面積を平屋で確保しようとすると、その分庭の面積を減らさなければなりません。

都会や土地の値段が高い場所では平屋は適していないので、土地が安い地域や多くの土地を持っている場合は平屋の検討をしてみましょう。

 

*階段がない

 

自分達や自分達の親が高齢になった場合を考えてみましょう。

平屋は平面で1階建てなので階段を設置する必要がありません。

つまり、脚を悪くしてしまっても平屋ならば簡単に移動できます。

階段の代わりにエレベーターのような高価な移動手段を設置しなくても勝手にバリアフリーで高齢者に優しい住宅になります。

高齢の方とお住いの方は平屋を建てて、移動しやすい住宅にしましょう。

 

*安定感があり耐久性がある

 

日本は地震の多い地域です。

そのため、住宅は地震に強くて、厳しい基準をクリアしなければなりません。

平屋はその選択肢の1つになります。

平屋は1階建ての建物のため上に重い2階部分を乗せる必要がないです。

耐震のため2階部分を作るのが難しい場合は平屋にして丈夫な住宅にしましょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、三木市でデザイン住宅の購入をお考えの方に向けて、平屋のメリットとデメリットについて解説しました。

平屋は1階建てなので高齢者や地震が発生しそうな地域で有効です。

当てはまる方で土地が確保できそうな方は平屋を検討してみてはいかがでしょうか?

三木市の方へ!ローコスト住宅を購入する際の注意点とは?

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年02月29日(土)

ローコスト住宅を購入しようとしても低価格で不安がある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、ローコスト住宅を購入する時の注意点を十分理解してから購入すれば大丈夫です。
そこで今回は、三木市の方に向けて、ローコスト住宅を購入する時の注意点について解説します。

 

□そもそもローコスト住宅って何?

ローコスト住宅とは、低価格で建設できる住宅のことを指します。
その価格設定の理由が気になりますよね?
ローコスト住宅は材旅費、人件費、諸経費を抑えることで低価格を実現可能です。
材旅費に関しては安く大量に材料を仕入れることで費用を抑えています。
そのため、材料の選択肢の幅は通常の注文住宅と比べると少なくなってしまいます。
人件費は住宅の材料の加工を予め工場で行なうことで簡単な技術で住宅が建設できるように工夫されています。
このような工夫をすることでローコスト住宅は低価格を実現しています。

 

□ローコスト住宅の注意点とは?

ローコスト住宅にはどのような注意点があるのでしょうか?
低価格を実現している分、注意する必要があります。

 

*オプションで予算オーバー

ローコスト住宅の設備は基本的に低めに設定されています。
そのため、ローコスト住宅を購入して設備を高いグレードのものにしたい場合は、追加で費用がかかってしまいます。
風呂場やキッチンなどをこだわって使いやすく高級感のあるものにしたい場合には通常の注文住宅と同じような費用になってしまうかもしれません。
複数社の見積りから予算を比較して、決めましょう。
具体的にどの部分をこだわりたいのか検討して、選択肢の中から納得のいくものを選びましょう。

 

*現場の方とのコミュニケーション

ローコスト住宅を建てる時には積極的に現場の方とのコミュニケーションを取りましょう。
具体的には直接現場に行って作業を見て、説明を聞いてみましょう。
説明を聞く中でコミュニケーションのズレやミスが発覚して、完成後に思っていた住宅と違ったと言う失敗は避けられます。
また、住宅は高額な買い物なので、現場の方の雰囲気を確認して自分の住宅を安心して任せられるか判断するようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、ローコスト住宅とはどのようなもので、ローコスト住宅を購入する時に予算やコミュニケーションが大切だと解説しました。
ローコスト住宅の特徴を理解して納得のいく住宅にしていきましょう。
住宅について詳しく知りたい方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

三木市の方必見!ローコスト住宅の耐久性はどのくらい?長く住むコツは?

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年02月25日(火)

ローコスト住宅は低価格のため、耐久性や長期的に暮らせるかどうか不安に思いませんか?
実は、ローコスト住宅でもメンテナンスや工夫を行うことで長寿命住宅にすることが可能です。
そこで今回は、三木市にお住いの方に向けて、ローコスト住宅の耐久性についてとそのメンテナンス方法について解説します。

 

□ローコスト住宅の耐久性はどのくらいあるのでしょうか?

ローコスト住宅は低価格を実現している反面、材料費や人件費を節約しています。
その分住宅の耐久性に不安があるのではないかと思います。
しかし、ローコスト住宅は材料、技術者の質、メンテナンスを行うことで長期的に暮らせる住宅にできます。
住宅の中には取り壊しやデザインが汚れているからリフォームを早期に行っている住宅もありますが、住宅の耐用年数は30年から90年ととても幅が広いです。
つまり、メンテナンスや購入後のケアで30年の寿命を最大90年まで延ばせる可能性があります。
ローコスト住宅の耐久性はその後のメンテナンスをどのように行うかが重要になります。

 

□ローコスト住宅のメンテナンス方法とは?

ローコスト住宅を購入して長期的に暮らしていくにはメンテナンスが重要であると解説しました。
それでは具体的に住宅のメンテナンスとはどのように行えば良いのでしょうか?
ローコスト住宅のメンテナンスは基本的に定期的な点検を行って住宅本体まで劣化しないようにします。

 

*外壁

外壁は住宅を紫外線や雨から守る役割があります。
そのため、点検を怠って住宅の本体まで紫外線や雨のダメージが及んでしまう可能性があります。
そうなると住宅に対して悪影響になり、これを積み重ねると住宅の寿命を短縮してしまいます。
定期的に点検を行って、劣化があれば早期に専門の業者に対応してもらいましょう。

 

*内装

ローコスト住宅の内装は日頃の清掃で大きく変わります。
最初の内装はとてもきれいな状態ですが、生活していく中で汚れが付いていきます。
その汚れを放置してしまうと、最終的には専門の業者を呼んで部品交換や清掃を行わなければならない状況になってしまいます。
そのため、定期的に清掃を行って、内装を常にきれいな状態に保ちましょう。

 

□まとめ

今回は、三木市にお住いの方に向けて、ローコスト住宅の耐久性についてとそのメンテナンス方法について解説しました。
ローコスト住宅を購入してもその後のメンテナンスで住宅の寿命は延ばせます。
メンテナンスをしっかり行って長期的に住める住宅にしましょう。

三木市で新築に住む!ローコスト住宅はなぜ安い?安さの理由を解説します!

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年02月21日(金)

住宅選びをする時にローコスト住宅の購入を考えたことはありませんか?
しかし、ローコスト住宅は様々なところで費用の削減を行っているため、安易に費用面だけで判断するのは危険です。
そこで今回は、三木市で新築に住みたいとお考えの方に向けて、ローコスト住宅が安い理由について解説していきます。

 

□ローコスト住宅の安さの秘密とは?

ローコスト住宅とは文字通り低いコストで住宅を建てられると言う方法です。
低価格を実現しているのにはどのような理由があるのでしょうか?
ローコスト住宅は様々なところで費用の削減を行っているため、ローコストを維持できています。
そのため、自分たちが費用を削って欲しくないところでも費用が削られている危険性があります。
住宅の質やデザインの細部まで重視したい場合は購入を十分考える必要があります。
住宅について十分理解して、納得のいく住宅にしましょう。

 

*材料費

低価格を実現するために、ローコスト住宅は材料費を削っています。
一般的には材料を大量に安く仕入れて、費用を削っています。
しかし、大量に仕入れていても原価が高い材料は結局安く抑えられません。
そのため、基本的に安価な材料を大量に仕入れることで、ローコスト住宅を実現しています。

 

*人件費

ローコスト住宅はある程度住宅の設計を規格化することで能力が高くない人材でも住宅の建設ができるようにしています。
つまり、工場で予め材料をカットしておき、現場ではそれを組み合わせるだけでできるように工夫されているところもあります。

 

*その他の費用

ローコスト住宅を実現するためには費用を節約する必要があるので、基本的に複雑な形状や要望を実現することは難しいです。
デザインや住宅にこだわりを求めてしまうと実現できない可能性があります。

 

□ローコスト住宅の危険性とは?

ローコスト住宅にはどのような危険性があるのでしょうか?
材料費や人件費を削っているため、通常の住宅と比べて耐久性やデザイン面での個性を出せない可能性があります。
そのため、ある程度リスクがあっても低価格に抑えたいという方のみに向いています。

 

□まとめ

今回は、三木市で新築に住みたいとお考えの方に向けて、ローコスト住宅の安さを実現できる方法とその危険性について解説しました。
ローコスト住宅には低価格な分だけリスクもあるということを考慮した上で購入を検討しましょう。
ローコスト住宅についての疑問はぜひ当社までお問い合わせください。

三木市の方で新築のローコスト住宅を検討している方へ|大手との違いとは

カテゴリ: お家についての豆知識 作成日:2020年02月18日(火)

「新築のローコスト住宅の購入を検討している。」

「ローコスト住宅と、大手のハウスメーカーの違いについて詳しく知りたい。」

新しい住宅の購入を検討している方で、新築のローコスト住宅と大手のハウスメーカーの違いについて気になっている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

両者の特徴をしっかりと把握し、自分にあった住宅を購入することが重要です。

そこで今回は、新築のローコスト住宅と大手のハウスメーカーの違いについて詳しく解説します。

 

 

□ローコスト住宅の特徴

 

*費用を抑えられる

ローコスト住宅の特徴は、比較的費用を抑えられることです。

当社のローコスト住宅は、デザインにこだわっており、家具もつけているので、一般的なローコスト住宅より費用がかかります。

 

*最近はスペックも高くなっている

ローコスト住宅は、費用が抑えられている分、スペックが低くなりやすという特徴がありました。

しかし、最近は建築会社の工夫によってデザインや設備が充実してきています。

 

 

□大手のハウスメーカーの特徴

 

*スペックが高い

大手のハウスメーカー最大の特徴として、スペックの高さが挙げられます。

外装のデザインだけでなく、設備も優れているので快適に住めます。

 

*ブランド力がある

ローコスト住宅になく、大手のハウスメーカーにある特徴は、ブランド力があることです。

ブランド力があるので、信頼性があることが特徴です。

 

*費用がかかる

大手のハウスメーカーはスペックが非常に高く、ブランド力があることはお伝えしました。

しかし、その分費用がかかってしまうことがデメリットです。

 

 

□ローコスト住宅の方がおすすめ

大手のハウスメーカーの方がブランド力があり、非常にハイスペックであることは理解していただけたと思います。

しかし、新築のローコスト住宅は、最近デザイン性や安全性が高まっています。

大手のハウスメーカーと比較して値段を抑えられるので、どちらにしようか迷っているならば、ローコスト住宅をおすすめします。

 

 

□まとめ

今回は、新築のローコスト住宅と大手のハウスメーカーの違いについて詳しく解説しました。

三木市で新築のローコスト住宅か大手のハウスメーカーとで迷われている方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

また当社は、お客様に満足していただけるよう、丁寧な接客を心がけています。

何かわからないことや困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。

従業員一同、こころよりお待ちしております。

三木市の方へ|新築のローコスト住宅の費用の内訳について

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年02月14日(金)

「新築のローコスト住宅を検討している。」

「新築のローコスト住宅の費用の内訳について詳しく知りたい。」

新しく住宅の購入を検討している方で、新築のローコスト住宅に興味がある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

また、購入する前にローコスト住宅の費用の内訳について気になっている方も多いと思います。

そこで今回は、新築のローコスト住宅の費用の内訳について詳しく解説します。

 

 

□そもそもローコスト住宅とは

ローコスト住宅という言葉を聞いたことがあっても、具体的にどのような住宅のことを言うのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ローコスト住宅とは、他の住宅と比べて比較的安価で購入できる住宅のことを言います。

当社は、少々高くなりますが、デザインにこだわっており、家具もつけています。

 

 

□ローコスト住宅の費用の内訳

 

*本体工事費

本体工事費とは、建物本体を完成させるために必要とされる費用です。

本体工事費の詳細を詳しく業者と確認しておくことは非常に重要です。

一般的には、総費用の7〜8割を占めています。

あらかじめ確認しておくことで、業者とのトラブルを回避できます。

 

*別途工事費

別途工事費とは、住民が快適に住むために必要な建物本体以外の設備です。

例えば、空調設備や地盤改良などが挙げられます。

建物本体以外の設備をしっかりと整えることは非常に重要です。

土台が固まってこそ、安全に暮らせる住居を完成させられます。

 

*諸経費

住宅工事以外にかかる費用のことです。

具体的には、登記登録やローン手続きなどが挙げられます。

 

 

□ローコスト住宅を購入する前に注意すべきこと

 

*あらかじめ予算を決めておく

住宅の購入を検討するならば、あらかじめ予算を決めておくことをおすすめします。

予算を決めておくことで、無理なく購入できる住宅を選びやすくなるからです。

 

*実際に住むことをイメージしてみる

住宅をデザインだけで選ぶことはおすすめしません。

実際に住むことをイメージすることで、いざ住んだ時のギャップを減らせます。

 

 

□まとめ

今回は、新築のローコスト住宅の費用の内訳について詳しく解説しました。

三木市でローコスト住宅の購入を検討している方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

また当社は、お客様に満足していただけるよう、丁寧な接客を心がけています。

何かわからないことや困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。

従業員一同、こころよりお待ちしております。

三木市で新築のローコスト住宅を検討している方へ|アフターサービスについて解説

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年02月10日(月)

「新築のローコスト住宅の購入を検討している。」

「新築のローコスト住宅のアフターサービスについて詳しく知りたい。」

新築のローコスト住宅の購入を検討している方で、アフターサービスについて気になっている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

購入した住宅に保証があると安心ですよね。

そこで今回は、新築のローコスト住宅のアフターサービスや当社の保証について詳しく解説します。

 

 

□ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、他の住宅と比べて比較的安価で購入できる住宅のことを言います。

一般的な住宅地ではない土地を住宅メーカーが購入して、それを改良して売りに出しているので、安価に購入できるといった仕組みです。

当社は、少々高くなりますが、デザインにこだわっており、家具もつけています。

 

 

□新築のローコスト住宅のアフターサービス

ローコスト住宅を購入する際は、アフターサービスの内容についてしっかりと確認してから決断することをおすすめします。

 

 

□当社の保証

当社は、保証サービスも充実させております。

 

*住宅地盤保証視システム

住宅は地盤に応じて基礎の仕様を変える必要があります。

そのため、当社はしっかりと現場で地盤調査を行なっています。

地盤調査後に、保証書を発行いたします。

 

*しろあり保証制度

当社は、床下を自然換気させる城東テクノ株式会社の「Jotoキソパッキング工法」を採用しているので、湿気がこもりにくいです。

そのため、しろありを寄せ付けない環境を保てます。

施工後10年以内にしろありが発生した場合賠償責任補償額の給付を行なっています。

 

*瑕疵担保10年保証

当社は、法律に基づき、構造耐力上重要な部分または雨水の侵入を防止する部分の保証を10年間行なっています。

 

 

□ローコスト住宅はおすすめ

ローコスト住宅は、価格を抑えられる分、デザインや性能が劣っているというイメージを持っている方も多いと思いのではないでしょうか。

しかし、最近の新築のローコスト住宅は、デザイン性や安全性が高まっています。

一度業者と相談してどのような住宅があるか確認してみることをおすすめします。

 

 

□まとめ

今回は、新築のローコスト住宅のアフターサービスや当社の保証について詳しく解説しました。

三木市で新築のローコスト住宅を検討している方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

また当社は、お客様に満足していただけるよう、丁寧な接客を心がけています。

何かわからないことや困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。

従業員一同、こころよりお待ちしております。

三木市の方必見|新築のデザイナーズ住宅の注意点を解説

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年02月06日(木)

「新築のデザイナーズ住宅について気になっている。」

「新築にデザイナーズ住宅を購入する上で注意すべきことを知りたい。」

新しく住宅の購入を検討している方で、デザイナーズ住宅の購入を検討している方はいらっしゃいませんか。

デザイナーズ住宅を購入する際には、いくつか注意すべきことがあります。

そこで今回は、三木市で新築のデザイナーズ住宅の購入を検討している方に、デザイナーズ住宅の注意点について詳しく解説します。

 

 

□デザイナーズ住宅を購入する際の注意点

あらかじめ注意点を知っておけば、失敗を減らせます。

 

*事前に予算を決めておく

住宅の購入を検討するならば、はじめに予算を決めておくことが大切です。

デザイナーズ住宅の購入では、いろいろなところでお金がかかってしまいます。

予算を決めておくことで、自分にあった住宅を購入できる可能性が高くなります。

 

*デザイナーズ住宅は不便なことが多い

デザイナーズ住宅は、変わった形の土地に多く建てられます。

そのため、外見はとてもおしゃれな住宅が多いです。

しかし、日当たりが悪かったり、内装で不便な点があったりすることも多いです。

外見だけで判断しないことをおすすめします。

 

*実際に住むことをイメージしてみる

実際に住むことをイメージすることで、実際に住んだ時のギャップをかなり減らせます。

周辺設備や、交通の便も確認しておくと良いです。

また、近隣にどのような人が住んでいるのか知っておくことも大切です。

 

 

□デザイナーズ住宅はしっかりと選べばおすすめ

デザイナーズ住宅の注意点について解説しましたが、本当に買うべきか迷っている方もいらっしゃると思います。

不便なことが多いということは解説しましたが、最近では、不具合を解消したデザインナーズ住宅が増えていることはご存知でしたか。

外見はとてもおしゃれなことが多く、不便な点も解消されていれば、他の住宅とは一味違う住みやすい住宅です。

 

 

□まとめ

今回は、デザイナーズ住宅の注意点について詳しく解説します。

注意点がある反面、よく考えて選べば、周囲の住宅と少し違った雰囲気を楽しめるといったメリットもあります。

デザイナーズ住宅の購入を検討している方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

また当社は、お客様に満足していただけるよう、丁寧な接客を心がけています。

何かわからないことや困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。

従業員一同、こころよりお待ちしております。

三木市で新築のデザイナーズ住宅を検討している方へ|費用の内訳を解説

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年02月02日(日)

「新築のデザイナーズ住宅について気になっている。」

「新築のデザイナーズ住宅の費用の内訳について知りたい。」

新しく住宅の購入を検討している方で、デザイナーズ住宅の費用の内訳について気になっている方はいらっしゃいませんか。

住宅の購入前に費用について知っておきたいと考える方は多いと思います。

そこで今回は、三木市で新築のデザイナーズ住宅の購入を検討している方に、費用の内訳について詳しく解説します。

 

 

□デザイナーズ住宅の費用の内訳

 

*本体工事費

本体工事費とは、建物本体を完成させるために必要とされる費用です。

本体工事費の詳細を詳しく業者と確認しておくことは非常に重要です。

あらかじめ確認しておくことで、業者とのトラブルを回避できます。

 

*別途工事費

別途工事費とは、住民が快適に住むために必要な建物本体以外の設備です。

例えば、空調設備や地盤改良などが挙げられます。

建物本体以外の設備をしっかりと整えることは非常に重要です。

土台が固まってこそ、安全に暮らせる住居を完成させられます。

 

*設計管理費

デザイナーズ住宅には、設計管理費もかかります。

実際に建てられる住居が、設計図通りに作られているか確認するためにかかる費用です。

 

*諸経費

住宅工事以外にかかる費用のことです。

具体的には、登記登録やローン手続きなどが挙げられます。

 

 

□デザイナーズ住宅を購入する際の注意点

費用の内訳について解説しましたが、いくつか注意すべきこともあります。

 

*あらかじめ予算を決めておく

住宅の購入を検討するならば、はじめに予算を決めておくことが大切です。

予算を決めておくことで、無理なく購入できる住宅を選びやすくなります。

 

*実際に住むことをイメージしてみる

住宅をデザインだけで選ぶことはおすすめできません。

実際に住むことをイメージすることで、いざ住んだ時のギャップを減らせます。

周辺設備や、交通の便も確認しておくと良いです。

 

 

□まとめ

今回は、デザイナーズ住宅の費用の内訳について詳しく解説しました。

あらかじめ予算を決めた上で、自分にあった住宅を購入することをおすすめします。

デザイナーズ住宅の費用の内訳について気になっている方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

また当社は、お客様に満足していただけるよう、丁寧な接客を心がけています。

何かわからないことや困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。

従業員一同、こころよりお待ちしております。

三木市の方必見|新築のデザイナーズ住宅における平屋について

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年01月29日(水)

「新築のデザイナーズ住宅の購入を検討している。」

「平屋のデザイナーズ住宅のメリットや費用について知りたい。」

新築のデザイナーズ住宅の購入を検討している方で、平屋住宅に興味がある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

平屋住宅には、メリットもありますが、注意点もあります。

そこで今回は、新築のデザイナーズ住宅を平屋にするメリットや費用、注意点について詳しく解説します。

 

 

□平屋にするメリット

 

*生活動線が楽になる

平屋のデザイナーズ住宅は、生活動線が楽であることが特徴です。

平屋住宅は、すべての部屋を1つのフロアにまとめているので、必然的に部屋同士が密集することになります。

そのため、家事をスムーズに行えます。

 

*耐震性に優れている

平屋住宅は、高さがないので、地震に強いのが特徴です。

耐震性に優れているので、安心して生活できます。

 

*家族と顔を合わせる機会が増える

すべての部屋が1つのフロアにまとまっているので、必然的に家族と顔を合わせる機会が増えます。

そのため、家族とコミュニケーションを取る機会も増えることが予想できます。

 

 

□平屋のデザイナーズ住宅の費用

平屋のデザイナーズ住宅の費用は、立地やどのような住宅を建てるかによって大きく変わります。

そのため、一概に費用をお伝えできません。

業者と相談することで信頼性のある情報を参考にすると良いでしょう。

また、住宅の購入を検討している方は、あらかじめ予算を明確にしておくことをおすすめします。

 

 

□平屋のデザイナーズ住宅にする際の注意点

 

*家族間のプライバシーを確保することは難しくなる

平屋の住宅には家族と顔を合わせる機会が増えることは解説しました。

その反面、プライバシーを確保することが難しくなることは知っておく必要があります。

 

*広い土地が必要とされる

平屋住宅で大きな部屋を設けたり、たくさん部屋を設けたりするためには、それだけ広い問いが必要とされます。

そのため、あまり広い土地を用意できない方は、本当に平屋住宅にするのか考えることが大切です。

 

 

□まとめ

今回は、新築のデザイナーズ住宅を平屋にするメリットや費用、注意点について詳しく解説しました。

三木市で新築の平屋のデザイナーズ住宅を検討している方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

また当社は、お客様に満足していただけるよう、丁寧な接客を心がけています。

何かわからないことや困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。

従業員一同、こころよりお待ちしております。

見学会などのイベント情報を随時更新中!

という方はお気軽にお問い合わせください!

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは0120-798-277

ホームページからのお問い合わせはこちら

みなとハウジング たつの店 〒679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本12-7

Copyright © 株式会社みなとハウジング All Rights Reserved.